旅の様子、散歩で見かけた一コマ等を気まぐれに投稿する。


by ウイスキーさん

<   2015年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

杭州、紹興の旅

杭州、紹興の旅

10月26日成田発のNH929で杭州に向かう。12:50に着陸。
税関を通過して、外に出ると楊勇さんが待っていてくれた。
c0332203_11450598.jpg


こんな大きな看板を掲げて・・・・・恥ずかしい!!
私は覚えてないが、2013年に元STIの工藤社長と私を迎えに来てくれたらしい。
早速彼の車で西湖に向かう。
c0332203_11462630.jpg


彼はドリフトのドライバーで中国でトップ5くらいの実力らしい。
六和塔


六和塔(Liùhétǎ、りくわとう)は、中国浙江省杭州市に建てられた塔。

杭州市街の南方、銭塘江沿いの月輪山に位置する。高さ59.89メートル、敷地面積約890平方メートル。7階建ての塔身は南宋時代のもので、13層の外層は末に増築されたもの。したがって、外観は13階だが、中を登ると7階しかない。

歴史

北宋開宝3年(970年)、銭塘江の逆流を鎮めることを願い、智覚禅師によって建てられた。また、塔の明かりは、川を行きかう船のための灯台の役割も果たした。

北宋の宣和年間、方臘の乱のために焼失した。南宋紹興22年(1152年)、僧侶智曇のはたらきかけにより、現在まで残る磚(レンガ)造りの塔身が再建された。

清の光緒26年(1900年)に木造の外層が造られた。


赤いマークが六和塔。桜マークは空港。
六和塔の北にあるのが「西湖」
c0332203_12035310.jpg

c0332203_11483501.jpg

c0332203_12024988.jpg
c0332203_12031403.jpg
c0332203_12043385.jpg
お土産店で扇子を買う。
店のおばちゃんと!


西湖
西湖(せいこ、簡体字: 西湖拼音: Xī Hú)は、中国浙江省杭州市にある。 西湖の自然の島である孤山、西湖を分ける堤の蘇堤・白堤・楊公堤、人工の島である小瀛洲・湖心亭・阮公墩、分けられた湖の外湖・西里湖・北里湖・南湖・岳湖、これらをまとめて形状を「一山、三堤、三島、五湖」と称される。2006年に、中国の国家AAAAA級旅行景区に指定される。2004年発行の第五版人民元1元札裏面の図案として、西湖の三潭印月が採用されている。 名称からして都市や山の西にある湖ということで、中国に数ある西湖であるが、単に「西湖」と言えば、この杭州の西湖を指す。2011年6月の第35回世界遺産委員会世界遺産文化遺産)として登録された。

西湖の湖畔を車で通過。
途中で、休憩。
c0332203_12104549.jpg
c0332203_12110745.jpg

c0332203_12112782.jpg
ここで一休みして、我々は高速を南下して、紹興市に向かう。
高速に乗るころはもう夕暮れ、杭州市の空はどんよりとしており、
真上に出ている月は霞んでいる。
楊さんは公害のせいだと言う。
やがて杭州市の郊外にでて、紹興市に入るころにはあの月がくっきりと!!
わずか60Kmでこんなにも違うかとびっくり!!
高速の出口で2台の車が待っていた。
何やら話をしていて、
一人の若き(?)女性が乗り込んできた。
日本語の話せる観光ガイドさんらしい。
ホテルにチェックイン!!

紹興咸亨酒店
中国浙江省紹興市にある「紹興咸亨酒店」は、文豪魯迅の叔父が1894年に開業した造り酒屋です。 魯迅の名作「孔乙己」(こういっき)には、紹興咸亨酒店が舞台として描かれており、 酒店の名は世界中に知れ渡ることとなりました。
数ある紹興酒の中でも国家の特許を獲得した最高傑作である『太雕酒』と伝統的な浙江料理が味わえる由緒あるこの酒店は、 現在も地元の人々や世界中の観光客で連日の賑わいをみせています。







c0332203_16070944.jpg
c0332203_16074988.jpg
c0332203_16081484.jpg
c0332203_16083722.jpg
初めに紹介した『太雕酒』と伝統的な浙江料理

・・・・・・続く・・・・・・・・・・・・








[PR]
by uesugi1015 | 2015-11-17 16:15

上海、蘇州の旅

上海、蘇州の旅
9月29日~10月1日の2泊3日で上海、蘇州を訪ねた。
私の「人生の師匠」がかって訪問した場所を中心に訪ねた。
c0332203_11330791.jpg
案内してくれたのは我チーム(SRTC)のドライバーの周レイ(レイは石を3個重ねた文字)
隣にいるのはお母さま。
とナビの梁維俊(Liang wei jun)・KEVIN(下の写真)
c0332203_11355995.jpg


9月29日蘇州発10:45のMU5396便で
上海虹橋空港に12:30に到着した。
この日は台風の影響で残念ながら雨!
1日早く帰っていた周君が迎えに来て、ホテルに向かう。
c0332203_13091776.jpg

ウォルドーフ アストリア 上海 オン ザ バンド
(上海外灘華爾道夫酒店)
(Waldorf Astoria Shanghai on the Bund)
地図中の赤いマークがホテル。桜のマークが上海タワー。
ホテルの外観。
僕が宿泊したのは13階?10階より上で、あの有名な上海タワーの眺めが良いらしい。
したがって、宿泊費も高い。
c0332203_08314812.jpg
すべてが大理石!いかにも高そう!
c0332203_08325449.jpg
部屋の窓から上海タワーとリバーサイド。上海で一番有名な場所。夜はデイトコースらしい。この日は台風でビルのてっぺんが霞んでる。
c0332203_08333813.jpg
夜のここもまたキレイ!!!
c0332203_08341427.jpg





道路の中央に見える建物は上海解放区の最初のシンボルらしい。詳しくは忘れた!!
c0332203_16151540.jpg
ホテルにチェックイン後すぐに見学に向かう。


孫中山故居(記念館)

孫 文(そん ぶん、1866年11月12日 - 1925年3月12日)は、中国の政治家革命家。初代中華民国臨時大総統。中国国民党総理。辛亥革命を起こし、「中国革命の父」、中華民国では国父(国家の父)と呼ばれる。また、中華人民共和国でも「近代革命先行者(近代革命の先人)」として近年「国父」と呼ばれる。海峡両岸で尊敬される数少ない人物である。

中国では孫文よりも孫 中山の名称が一般的であり、孫中山先生と呼ばれている。1935年から1948年まで発行されていた法幣不換紙幣)で肖像に採用されていた。現在は100新台湾ドル紙幣に描かれている。

c0332203_16155040.jpg
ホテル~ほど近い場所に「孫中山故居(記念館)」はあったが、
本年末まで改修で見られなかった。仕方なく、外から覗く。

c0332203_16160424.jpg

c0332203_16162101.jpg

c0332203_16163751.jpg

c0332203_16165770.jpg



韓寒のレストラン
SRTCのドライバーで有名な作家の韓寒(ハンハン)が経営するレストラン。
上海に2店舗あり、全国に数十店舗あるらしい。
フランス料理と中国料理もある、高級レストランらしい。

很高興遇見(ニイ)餐庁 と書いてある。餐庁はレストランの意味だろうが・・・・
Nise Meeting you と言う意味でしょうね!


c0332203_16172147.jpg
c0332203_09055710.jpg


チームシャツにこの店のロゴが!
韓寒がスポンサーか?


c0332203_16173923.jpg
店の入り口で!
c0332203_16175595.jpg
店内
c0332203_16180807.jpg
早速ビール!!
c0332203_16182794.jpg

一番人気の豆腐。
のホント同じくとても柔らかい。こんなのは中国に無いので、人気なのか?

c0332203_16183707.jpg

c0332203_16184722.jpg
焼き鳥にチーズが乗っている。








錦江飯店
1978年9月に師匠が宿泊したホテル。当時は上海で一番良いホテルで、各国の首脳屋有名人が宿泊したホテルらしいが、今回はもっと高いホテルに宿泊した為、気を利かして
夕食はこのホテルのレストランを予約してくれた。

インターネットから転載したホテルの正面。


c0332203_16215353.jpg


夜の雨の中で写した正面の一部。


c0332203_16192946.jpg


1階のレストランの入り口。
(JIN LU)
上海レストランベスト45
中国ホテルのレストラントップ10
ほか多くの賞がある。


c0332203_16195254.jpg

c0332203_16200237.jpg

c0332203_16202052.jpg

c0332203_16203170.jpg

c0332203_16205024.jpg

c0332203_16210183.jpg


ナメコ


c0332203_16211237.jpg
コラーゲンたっぷりのナメコのようだが、味は無い!
左の方は周君のお母さま。
会社の社長夫人だが、身なりは質素。
息子がお世話になっている方(僕です!!)はいらしたので、
是非挨拶を!と言われてわざわざ来られた。
食事が終わると忙しいので、すぐに帰られた。
周君は20歳と若いのにしっかりしていて、姜琛にも好かれている。
やはり母親のしつけとお母様にあってすぐに感じた。




9月30日(二日目)
ホテルから西に約100Kmにある蘇州の名所。
拙政園
世界遺産に指定されている蘇州古典園林のうち、造園芸術の傑作といわれる拙政園は明代の高官王献臣(おうけんしん)が造園した水がテーマの庭園です。5万平方メートルのうち5分の3が池であり、その周りに数々の建物が配されています。
詳しくはここをご覧あれ!!!
http://www.joyphoto.com/japanese/abroad/2003shanghai/sessei.html


c0332203_16290411.jpg


c0332203_16295031.jpg
拙政園に前の通り。


c0332203_16300412.jpg
拙政園の周りの堀
なんとなく情緒がある!



c0332203_16303364.jpg
入場券売り場


c0332203_16311133.jpg
入場口で案内してくれたケビンと

以下の写真は園内!
説明出来ないがご覧あれ!

c0332203_16323983.jpg

c0332203_16325966.jpg

c0332203_16332420.jpg

c0332203_16335702.jpg

c0332203_16342635.jpg

c0332203_16344863.jpg

c0332203_16354851.jpg

c0332203_16362726.jpg

c0332203_16364235.jpg

c0332203_16352139.jpg
イラン空の観光客
おいで!おいで!で写真を!!



c0332203_16371040.jpg
イランの観光の団体さん!


c0332203_16373241.jpg
蘇州は刺繍で有名。
師匠も刺繍工場を視察されている。
とにかく繊細で美しい!

c0332203_16375440.jpg

c0332203_16382927.jpg

c0332203_16391574.jpg


虎丘塔
虎丘は春秋時代の呉王夫差(ふさ)が父の闔閭(こうりょ)を葬った陵墓です。葬儀の3日後に、墓の上に白い虎が現れたことから虎丘と呼ばれるようになったといわれています。
詳しくはここを参照してください。
http://www.joyphoto.com/japanese/abroad/2003shanghai/kokyu.html
c0332203_16422402.jpg

c0332203_16424588.jpg

c0332203_16430459.jpg

c0332203_16433953.jpg
虎丘の正門
ここから上っては行けないと言われている。



c0332203_16435855.jpg
この馬車やバスで丘を一周して、頂上に行く。


c0332203_16442242.jpg
このバスは70元くらいかな?
観光客が列を作って待っている。



c0332203_16444169.jpg
そこを周君は一台貸切って、!!!
前列の右は観光案内人。
貸切ってびっくりしていた。
後方の右が周君。左が、周のナビのケビン
3日間彼らに案内してくれた。



c0332203_16453566.jpg
「東洋のビサの斜塔」と呼ばれている。
3度傾いている。



c0332203_16460245.jpg

c0332203_16462340.jpg
このように傾いた塔を支えるのが人気らしい。


c0332203_16472963.jpg

夕食は蘇州と上海の中間に位置する陽澄湖のほとりで
上海カニ
上海蟹、正式には「シナモクズガニ」という。
中国の長江流域を主な生殖地にしていることからこの呼び名。
9月から11月頃蘇州近郊の陽澄湖や無錫太湖で採れるものを特に上海蟹(大閘蟹)と呼ぶ。
と言うことで、帰りに陽澄湖のほとりの「レストラン」に向かった。
ここも周君のお母さまの友人で予約をしてくれた。
c0332203_13225216.jpg
昆山市の陽澄湖近くの通りにはカニの出店が並ぶ。

蘇州市の大閘蟹市場
陽澄湖に面した大閘蟹市場の一つ、蟹王市場です。
ここは、蘇州市に属しています。蟹専門の卸売店が少なくとも100軒以上は軒を連ねている大市場です。
 陽澄湖で採れた大閘蟹は、高級品は香港や上海の高級店に持って行かれてしまうのではなどと心配していましたが、とりあえず市場を見てみると、そんな心配は全く意味がないことが分かります。高級品が香港などに買い付けられてしまうことは間違いないのですが、それでもこれだけ大量の大閘蟹が水揚げされていると、さすがに産地まで行けば大閘蟹はより取り見取りで、高級品も沢山取扱いされているのです。

c0332203_13252208.jpg
店の名は老武蟹庄
c0332203_13233831.jpg
店の中のいけすでオスとメスのセットで蟹を選ぶ
c0332203_13241382.jpg
c0332203_14023582.jpg
c0332203_13244292.jpg
鳥の肉を朝から煮込むために前日に予約をしてくれた。
たった3人でこれだけの料理を頼んだ!!
誰が食う??
結局ほとんど残った!!

前後するがこのあたりが子のお店です。





10月1日(三日目)
復旦大学

概要

中国を代表する文科・理科をカバーする総合大学で2004年の在校生45,000人のうち、学部学生16,200人,大学院修士課程7,000人、博士課程3,100人,外国留学生1,760人,成人教育学生11,000人,インターネット教育学生5,800人を数える。メイン・キャンパスは上海市楊浦区邯鄲路220号に所在する。現任学長許寧生教授

沿革

復旦大学は近代中国の著名な教育家・馬相伯によって1905年私立の復旦公学として創立された。校名は尚書の「虞夏伝」に見える「日月光華、旦復旦兮」の名句に由来する。1917年私立復旦大学と改称し、1937年日中戦争が勃発すると重慶に移転し、1941年国立大学となった。戦後、1946年に上海に復帰した。 1950年1952年に大規模な再編が実施され、1954年には、復旦大学は二流の大学から全国最先端の国家重点大学となり、2000年には上海医科大学と合併して医学部も有するようになった。

c0332203_14071214.jpg

c0332203_14073533.jpg
c0332203_14075619.jpg
c0332203_14083744.jpg
師匠も訪れた大学。
正面から入ったすぐの広場に毛沢東の像が!
挨拶して別れた。

最後にケビンの推薦する豫園を案内してくれた。
豫園
今日ご紹介するのは、上海を代表する観光地の一つ「豫園」。「豫園」というと、土産物店や人気飲食店が集まる、あの一帯の総称として紹介されていることが多いのですが、実際は庭園の名前なんです。土産物店が集まる商業街は「豫園商城」、その一角にある庭園を「豫園」と呼ぶのが正式のが正式。

④旧校場路を渡ってさらに進み⑧突き当たりを左折
c0332203_14184293.jpg
c0332203_14191333.jpg
見学後にレストランで食事をして、3時過ぎに浦東空港に到着。
この日の案内はケビンだけだったが、
周君がわざわざ空港まで見送りに来てくれた。
浦東空港発17:30 MU271便で一路成田へ!


さようなら上海
素晴らしい思い出をありがとう。
再見!!

c0332203_14213981.jpg





















[PR]
by uesugi1015 | 2015-11-16 10:03

CRC第4戦(登封ラリー)

ずいぶんとご無沙汰してしまった!
第4戦は初めての場所。
登封市と言っても分からないでしょうが、少林寺拳法の発祥の地です。
小さな街ですが、中国人の観光客が結構多い。
偶然にホテルで日本の女性6人のグループに遭遇!
街のあちこちに拳法の学校がある。
警察、軍隊への就職に有利らしい。


場所は蘇州と洛陽の中間に位置する。
羽田から上海経由で蘇州空港に、そこに車が迎えに来てくれて、約100Km西に向かう


c0332203_11382647.jpg
ここはサービスパークの入り口。後方はパルクフェルメ。道路を全面封鎖している。中国でしか出来ないでしょう!
c0332203_11383721.jpg
これはMarkさん
c0332203_11384861.jpg
これはインプレッサとモデルのお尻。どっちも美しい?
c0332203_11390340.jpg
スコダのマクシェア車。運転は確かなdriverなのに・・・・・・メカニックを信頼していない。すべて自分で確認している
c0332203_11392357.jpg
ゴルフのアトキンソン。今回もトップ!!!
c0332203_11394419.jpg
社長の姜琛と何やら・・・・・手元のファイルからして、中国観光の話かな?
c0332203_11395714.jpg
インタビューのマークさん
c0332203_11402736.jpg
全SSを走り終えて、サービスパークに帰るマークを花火をもって迎えるメカニック達
c0332203_11410368.jpg
恒例のドーナッツ!!!!
c0332203_11421019.jpg
現地の日本人。ラリーに参戦したくて、見に来た。

マークが2位。韓寒がトップを走っていたが、サービスでミッション交換したが、交換した、"レリズベアリング"からオイルが漏れていて、時間切れでリタイヤ!
こんなに悔しがった韓寒を見るのは初めて!
当然だが、韓寒はリタイヤはほとんどしない。
これでチームポイントをゴルフチームに抜かれて2位。
3年連続のチームチャンピオンに赤信号!!
次回の「龍游ラリー」でリベンジだー!!
ではまた!!
再見



[PR]
by uesugi1015 | 2015-11-13 12:49