旅の様子、散歩で見かけた一コマ等を気まぐれに投稿する。


by ウイスキーさん

<   2016年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

魯迅記念公園を訪ねて

中国で一番大きな魯迅記念公園と聞いて、機会があれば是非行きたい場所だった!
8月9日少々時間があったので、見に行くことが出来た。
日本への飛行機が13:10なので、11:00までに飛行場に帰れば良い。
ホテルを7:30にチェックアウトして、
上海スバルの陳君に案内してくれた。
見学時間はわずか1時間だったが、意義ある一時でした。

興味があれば魯迅、藤野先生について下記を読んでみて!
魯迅について
当初、魯迅紀念館は魯迅が死の間際に住んでいた上海・大陸新村(大陸新邨)の住居(上海魯迅故居)で
1933年4月11日から1936年10月19日まで開かれていた。現在地で開館したのは1951年1月7日である。特定の人物を顕彰する性格の紀念館(日本語では記念館)としては新中国になってはじめてであった。魯迅に関係する文献資料が20万件余り収蔵されており、その中には魯迅の原稿や書画などのほか、魯迅が愛用していた生活用品も含まれている。(Wikipediaより)
「藤野先生」について
魯迅の日本留学先の仙台医学専門学校(現東北大医学部)出会ったもっとも偉大な師で
あると述べている。
中国に帰っても、その惜別の念をこめて藤野先生がくれた写真を
見るたびに、良心と勇気が甦ったという。いかに魯迅の敬愛の念が深いもので
あったかがうかがえよう。 (
魯迅のランキングより抜粋)
このあらすじを見てもわかるように、当時弱小の国(と魯迅自らが言っていた)中国から
赴いた一留学生に、ここまで親身に接してくれた先生はいなかった。という思いと感謝が
延々とつづられているのです。
「『藤野先生』のことは、中国人なら誰でも知っていますよ。」と
なぜなんでしょうか
実はこの「藤野先生」、中国の中学校の教科書に必録の教材だそうで、
どの教科書にも絶対に載っているそうな。
藤野先生が添削した魯迅のノートも、中国で国宝にあたる扱いを受けているそうで、
中国における反日教育の権化、江沢民も来日した際には、魯迅が講義を受けていた
机に感慨深げに坐ったそうです。
つまり。
中国人は「親身に接してくれた尊敬すべき人間」を教科書で紹介し、それがたまたま
日本人だったことを、中国は国を挙げて伝えているのです。
これは驚きでした。本当にびっくりしました。
ちょっとした習慣の違いや、言動・行動でその「国」を否定する、非難するのは
やはり愚かなことなんでしょうね。非難されるべきは「人」なんでしょう。

内山書店
内山完造は上海に書店を開き、魯迅との親交があった。


案内してくれた陳くん。
上海スバルの営業マンで、10年前に大学で英語を習得。以来英語を使って無くて、思い出しながらの会話でしたが、当然、僕よりGood!!
奥様は日本語が話せるらしい。彼の日本語は一寸だけ!

c0332203_10542851.jpg
c0332203_10555695.jpg
公園の入り口で、藤居さんと!
c0332203_10565820.jpg
公園内の広場ではたくさんの方がダンスを楽しんでいる。
この光景はどの地方の街でも同じ。

c0332203_10574951.jpg
記念館に入り口にある魯迅の銅像
c0332203_11520654.jpg
記念館は修理中であった。
本来はこんな感じです。

c0332203_11040916.jpg
入場料は無料!

c0332203_10583731.jpg
入館してロビーの魯迅像!

c0332203_10590711.jpg
2回に向かう階段
c0332203_10594786.jpg
阿Q伝の舞台の模型

c0332203_11003004.jpg
警備員と記念撮影!
c0332203_11012175.jpg
真剣に見入る僕!
c0332203_11020121.jpg
c0332203_11022793.jpg
青年と談笑?講義?
いずれの国でも、時代でも偉人は青年を重要視する。

c0332203_11025636.jpg
内山書店の再現
c0332203_11045940.jpg
お土産に魯迅が書いた詩(?)の扇子を購入!80元(1,200円)
念願の見学で最高でした!!
ありがとう!再見




[PR]
by uesugi1015 | 2016-08-14 11:54
張液ラリー
8月3日 羽田   08:40   東方航空MU2158便
    上海浦東 10:20
    浦東   14:10   MU2158
    西安   16:50
この日に西安から張液に飛ぶ予定でしたが、チケットが売り切れで、仕方なく西安で1泊!
チームコーディネーターの李美婷が宿を取ってくれて、「空港の出口でホテルの人が待っている。」と!   



c0332203_17060768.png
若い二人が来ていた。きっと良いホテルだろうな!と期待して行った!
空港から3キロくらいの所の小さな部落?の一角にホテルが!2階建てで、5部屋しかない小さな宿!
夕食はおやじさんが町の小さなレストランの露店で、焼肉と青島ビール!
2本ビールをもって帰ってのもうと思ったら、庭で家族が涼んでいた。
そこで、もって帰ったビールを勧めていたら、おやじが中からカンビール8本もってきて、「俺のおごりだ!」
おやじ夫婦と3人の息子と彼女。近所からおばさん2人計8人で大騒ぎ。
小さなホテルだったが、楽しい人ひと時を過ごした。

c0332203_17063711.png
c0332203_17072202.jpg
右から
藤居君、おやじさん、息子と彼女


ホテルの受付
このテーブルで簡単は朝食。

c0332203_17081267.jpg

8月4日
西安  12:50   GS7647
蘭州経由
張液  15:50 
今年は韓寒とマークの2台体制。
スバルのテントは2つ。

c0332203_09062815.jpg
その裏にカスタマー3台のテントが並ぶ
2台はSRTC から購入してチームを作って、
メカは2名でサービスは主にSRTC が行う。

c0332203_17222528.jpg

c0332203_09220583.jpg

もう1台はレンタル。

ドライバーの名は賈景彪(Jia Jing Biao)
新疆ウイグルに大きな牧場を持ってる社長さん。
SRTC のスバルでサーキットも走る。

開会式
さて、今年はAPRC との併催です。
そのためかどうかは分からないが
「オープニングセレモニー」は市内の公園で数万人の観衆。外の道路には露店が並び、市あげてのお祭りって感じ。

c0332203_17091818.jpg

花火は中国の得意事項。
壇上に居たが、黒い灰のかたまりが降ってきてやけどしそうだった!

c0332203_17102629.jpg
マークのスバルXV
c0332203_17110173.jpg
メディアが撮影した
c0332203_17112407.jpg


いよいよ始まる
翌5日はSS1とSS2が行われた。
SS2はこの張液サーキット場

c0332203_17120208.jpg
ジャンプする韓寒のXV
c0332203_17123255.jpg

c0332203_17131036.jpg

コースの中にいるカメラマンが観覧席を撮影した。
左から李微、小生、SOC no副社長の山野、
今回同行したスポンサーの藤居

c0332203_17134596.jpg

初日の5日。サービスパークから出発する韓寒
c0332203_17141318.jpg

同じくマーク

これからは
ステージを激走するラリー車を
ご覧あれ!

c0332203_17143907.jpg

c0332203_17145844.jpg

c0332203_17153017.jpg

c0332203_17155282.jpg

c0332203_17162665.jpg

c0332203_17170262.jpg

c0332203_17173854.jpg
CUSUCO中国の大溝社長とSOC 副社長の山野さん


c0332203_17180148.jpg
送って来るステージタイムを見て一喜一憂の姜琛社長と僕!

c0332203_17202441.jpg
実は!マークさん!
SS5で左前のストラットがボディを突き抜けて
7分のロスでやっとSS5をゴールし、
リエイゾンで修理するエントラント!
ボンネットを捨てて、次のSS6を7分のロスでクリアし、
やっとサービスにかえって来た!
もうリタイヤかと思ったがマークの執念で生き返った!!!!


c0332203_17182686.jpg

c0332203_17185237.jpg

c0332203_17192922.jpg
韓寒のXV の前ではしゃぐ変な二人!!!


c0332203_17195190.jpg

サ-ビス風景
c0332203_17211685.jpg

サービスを遠くから眺めてるのはウエーバーさん
c0332203_17213427.jpg

今年から若いメカを採用した。
20人の希望者からテストをして6人を厳選。
何度もトレーニングをしたらしい!
堂々として、自信にあふれていた!

c0332203_17215451.jpg

c0332203_17253247.jpg

パルクフェルメ。このアングル中国らしいね!
c0332203_17241352.jpg

サービスパークの中で行われて表彰式。
の写真は「長安運動ラリーチーム」だが、
青いチームシャツ、ラリー車のカラーリング、車のスタイリングが
まるでコピー!!
実は間違えて掲載した!!!!(笑)

c0332203_17233805.jpg

これがSRTC !

c0332203_17245712.jpg
結果
韓寒総合2位
中国ドライバー1位
因みにマークはストラットトラブルで20位まで落としたが、総合6位まで上げた!!!
貴重なチームポイントを!!


c0332203_17270446.jpg
最後のチームパティのレストランに古い友人が居た!!!
”陳自華さん”
昔の中国ラリーのチャンピオン。2007年のAPRCで初めて会った。GC8で参戦。
以来、時々参加していた。なんと!香港からラリーで自走してた!
今回は弟子が2台参戦。

c0332203_17284366.jpg
そのあと彼らは敦煌に行ったようだ。Wechat(Line類)で写真を送って来た!
8月8日
張液~チームのバスで喜峪関空港に行き、
MU2161で、西安へ
夕方MU2167で浦東空港に行き、
タクシーで「上海空港飯店」へ
午後10時過ぎで、ホテル内で遅めの夕食。
小瓶のビールが30元(450円)
c0332203_10190797.jpg
c0332203_10193209.jpg


8月9日
この日は魯迅記念公園を見学して、
13:10羽田行きのMU4539 で無事帰国。

読んでくれてありがとう。
この後魯迅記念公園見学のブログがあります。
関心のある方は待ってます!!!
再見!!!!!






[PR]
by uesugi1015 | 2016-08-14 10:28